8. 脱退一時金の注意点は?

社会保障協定

English explanation available below

脱退一時金の注意点は?

 日本と年金通算の社会保障協定を締結している国の場合には、脱退一時金に該当する期間については本国でも年金保険に加入していなかったことになります。

 脱退一時金を受け取った場合、その計算の元となる保険加入期間は日本の保険制度に一切加入していなかったことになります。

 「母国で年金の支給が受けられない」または「余計に保険料の支払いをしなければならない」などの弊害が起きることがあります。


地域 国名
1.ヨーロッパ ドイツ、ベルギー、フランス、オランダ、チェコ、スペイン、アイルランド、スイス、ハンガリー、ルクセンブルク、スロバキア
2.北米 アメリカ、カナダ
3.オセアニア オーストラリア
4.東南アジア インド、フィリピン
5.南米 ブラジル

Are there any precautions concerning the lump-sum withdrawal payment?

 If your country has concluded a Pension Totalization Agreement with Japan, you will be considered to not have been enrolled in the pension system in your country during the period used for calculating the lump-sum withdrawal payment.

 If you received a lump-sum withdrawal payment, you will be considered not to have been enrolled in the Japan insurance system during the insurance enrollment period that is the basis for that calculation.

 There is the risk of disadvantages such as being unable to receive a pension in your country or being required to pay additional insurance premiums.


Region Countries
1.Europe Germany, Belgium, France, The Netherlands, Czech Republic, Spain, Ireland, Switzerland, Hungary, Luxembourg, Slovakia
2.North America USA, Canada
3.Oceania Australia
4.Southeast Asia India, The Philippines
5.South America Brazil


外国人の脱退一時金請求のお問い合わせ